令和2年12月度 家族支援の会「さなぎの会」報告と令和3年1月度の予定

令和2年12月度家族支援の会「さなぎの会」を下記の通り開催しました。

[日 時]
令和2年12月19日(土) 13:40~15:40
[場 所]
柏市勤務会館会議室
[参加者]
4家族4名(うち1名遠隔参加)、支援スタッフ4名、合計8名

 年の瀬、新型コロナの感染増加の動向が気になる中ではありますが、先月に引き続き感染予防のため、手指の消毒、部屋の換気、席の間隔、パーテーション、開催時間に留意して開催されました。なお、今年度より遠隔参加システムの導入を図ってまいりましたが、今月は正式に遠隔会議機材が加わり、会場と在宅をつなぐ方式で行われました。今回は「会場で参加したいけれど体調を鑑みて今回は在宅で参加します」と在宅で参加されたご家族もあり、コロナだけでなく、体調や天候等で会場にお越しになれなくても、在宅で参加ができる環境が整えられつつあると考えております。

冒頭では、遠隔方式の導入について、インターネットやSNSによるコミュニケーションが更に一般的なっていく社会の中で、若者もご家族もまたさなぎの会としても対応していくことが今後に有用ではないかといったお話をさせて頂き、その後、スタッフの紹介さらに、それぞれのご家族、ご子息の状況などお話を伺いました。ご報告の中では職業訓練を経てIT関係の仕事に就き、コロナの関係で主に在宅勤務をしていらっしゃるといった報告もあり、在宅勤務のご子息を見守るご家族の思い、在宅勤務ならではのとまどいなど正直にお話頂きました。その中で、通勤列車で出勤に移動する働き方だけではないことなど、これからの働き方について皆で考える場面がありました。またメルカリを使って在宅で販売を始めることもできるなど、SNSやコンピューターに対するご子息の考え方や活用の有無などの話にもなり、上手に使いこなす、いろいろ教えてくれるといった方から、インターネットの危険性について心配されているといった話など両面についての話がありました。今回は会場の通信環境もあり、途中、通信が途切れる場面や音声が不安定な場面が多々ありましたが、今後、会場や通信環境を整えてより身近に参加できるようにしたいと考えています。


来年1月、開催は第3週土曜日16日 13:40~15:40 を予定しております。会場は柏市勤労会館2階会議室にて遠隔での同時開催をしていますが、秋以降新型コロナウイルスの感染も拡大傾向にあり、その状況を鑑みて会場での開催については年明けに判断し、HPにてご案内をする予定です。

さなぎの会の主旨・過去の内容ついては、キャリアデザイン研究所HPのFAQ、過去の報告をご覧ください。

お問い合わせ、入会・参加の申し込みは、キャリアデザイン研究所までお願いいたします。

2020-12-29