令和3年3月度 家族支援の会「さなぎの会」報告と令和3年4月予定

延長されていた緊急事態宣言が21日に解除され、改装された柏市教育福祉会館の2階会議室を使用して、会場と在宅参加者をつなぐ形での開催となりました。

今月は、昨年より新型コロナ対策、緊急事態宣言等で、会場での参加を控えておられた2家族が凡そ1年ぶりにいらっしゃいました。会場では、遠隔で参加される方が会議室に設置したプロジェクターで写しされる様子、改装された綺麗な会議室に少し驚かれた様子もあり、コロナを機にいろいろなことが変化したことを改めて感じました。

スタッフの紹介の後、家族の話し合いでは近々の様子や心配事をお話し頂きました。

本人の姉や弟等家族との関係、甥との関係が本人にどういった心境の変化をもたらすのかといった話題、本人らしく過ごせる場所、人間関係をこれからどう得ていくのか、ダイバーシティについて。今からでも社会とつながることができるのだろうかといった話題、またその支援として障がいの有無に関わらず社会とつながることを支援する事業の紹介、49歳まで延長になった氷河期世代支援の情報などを共有しました。またコロナ禍で社会が「在宅もあり」といった風潮になる中で外にでることへの抵抗が小さくなったようだとの感想、多様性をみとめる社会についての期待やオープンダイアログといった一定の価値観を前提としない対話型支援の在り方など情報を共有いたしました。


さて、次月4月は年度も改まり、令和3年度初回のさなぎの会となります。令和3年度からは原則、柏市教育福祉会館(柏市柏5-8-12)での会場開催とし、毎月原則第三土曜日、会場にいらっしゃれない方のために遠隔会議のシステムを設置して在
宅からの参加を可能にして行う予定です。(添付4月度案内チラシご参照)

4月は17日(土)13:40分からの15:30。4月は改めて原点に立ち返り、ひきこもりとは、家族はどうかかわることが好ましいのかといった点について、例年ご協力頂いている斎藤環先生より提供いただいた講演会の記録(課題を有する家族支援~8050問題を考える~)を視聴する予定です。

さなぎの会の主旨・過去の内容ついては、キャリアデザイン研究所HPのFAQ、過去の報告をご覧ください。

お問い合わせ、入会・参加の申し込みは、キャリアデザイン研究所までお願いいたします。

2021-03-31 | Posted in | Comments Closed 

 

令和3年3月度 家族支援の会「さなぎの会」会場開催について(お知らせ)

3月27日(土)に予定しております「さなぎの会」は、緊急事態宣言解除に伴いまして、会場での開催を実施いたします。なお、引き続き遠隔ミーティング方式(ZOOM)による参加も可能です。

※遠隔ミーティング方式参加ご希望の方は、事務局にご連絡いただきますと折り返し招待メールをお送りいたします。

日時:3月27日(土) 13:40~15:30
場所:柏市教育福祉会館 2階 多目的室
(千葉県柏市柏5丁目8−12)
 ※今回より会場が「柏市教育福祉会館」となります。
  柏市役所敷地内のレンガ色の建物です。

2021-03-21 | Posted in | Comments Closed 

 

令和3年2月度 家族支援の会「さなぎの会」報告と令和3年3月予定

 新型コロナ感染拡大による緊急事態宣言が3月まで延長されたことで、1月度に引き続き会場での開催を延期し、遠隔ミーティングの方式で開催致しました。

 今月も遠隔方式への環境の整っていらっしゃるご家庭を限定されることにはなりましたが、経験を重ね、時間通りの参加、開催となり、試行錯誤状態だった先月に比較しても、今月は比較的円滑な開催が出来たように思います。ご家族も遠隔会議室の操作にも慣れられたご様子でプライバシー保護用の背景画像の工夫の話から、その背景にまつわる話、地方で撮影した写真、ご家族、ご子息の旅行などについて話が及びました。そこで撮りためた素敵な写真の数々、そのまま大切に留め置くのも一つではありますが、インターネット上では、その写真を企業が買い取る仕組み(例として「Snap mart」)など、情報共有がありました。

 さらに昨年度からのコロナ下で在宅でも収入を得られる方法が必要とされていること、政府が推奨しているの働き方改革の流れ中で、副業を含め様々な働き方が広がっていること、その一つにハンドメイド販売や不用品の販売による収入、写真やイラスト、動画編集の受発注、かしわサポステが作成したハンドメイド講座の様子を動画を元にその一例を紹介させて頂いたり、過疎高齢化の進んだ村でインターネットを使った町おこしの事例などもお話として紹介させて頂きました。

 技術革新とともに社会も大きく変化し、在宅でも社会とつながれる、その時代を生きるご子息とご家族、支援者側も遠隔会議システムをとおして一つの実践ができればと考えております。

といいましても、会場での開催のご要望も頂いております。3月は緊急事態宣言の動向をみて、引き続き遠隔のみか、会場開催かを判断いたします。会場開催の場合は柏市教育福祉会館(柏市柏5-8-12)、日時は3月第4週の27日(土)13:40分から15:30頃終了の予定で開催いたします。


なお、先月のご報告で申し上げた通り、キャリアデザイン研究所は、柏市社会福祉協議会のお力添えもあり、改装後の柏教育福祉会館にて、家族会の定期開催が認められました。
そこで今月は家族支援の活動内容を市民にPRとのことでスタッフとともにPR動画を撮影して頂きました。編集後に公開される予定ですので、追ってご紹介させて頂きます。

さなぎの会の主旨・過去の内容ついては、キャリアデザイン研究所HPのFAQ、過去の報告をご覧ください。

お問い合わせ、入会・参加の申し込みは、キャリアデザイン研究所までお願いいたします。

2021-02-22 | Posted in | Comments Closed 

 

青少年プラザ(八柱地区)オープン!

2021-01-31 | Posted in | Comments Closed 

 

令和3年1月度 家族支援の会「さなぎの会」報告と令和3年2月予定

 年明け早々に新型コロナ感染拡大による緊急事態宣言が再び為されました。自覚症状がないケース、軽症に終わるケースもありますが、英国で発見された変異種は感染力が強く、軽症から急に重症、死亡に至るケースもあるとのことで、高齢の方もいらっしゃるさなぎの会では大事をとって会場での開催をしばらく休止とし、代わって昨年より試行的に行ってきた遠隔ミーティングの方式で開催することと致しました。

昨年度から準備していたとはいえ、パソコンの操作や遠隔の方式での参加は 今回のコロナがきっかけで初めてといった方がほとんど、ご家族に操作や設定の仕方を教えてもらいましたというお話や、試行錯誤しながら初めて参加しましたというお話頂きながら、今月は2家族に遠隔で参加頂きました。パソコンでの会話は初めてをおっしゃっていましたが、支援スタッフも交え、相互にお話をするなど、自然なやりとりが可能なことを感じていただけたようです。お話の内容は、コロナ対策、同居する家族の気遣いの在り方、 パルスオキシメーターの話など話題が広がり、そのような中でも、ストレスとためずに生活する工夫として「笑い」の大切さなど話題があがりました。


2月も引き続き、遠隔での開催を予定しております。今後どの時点で、会場での開催を再開するかは未定ですが、遠隔でも参加できることを知って頂きながら、今後はミニセミナーも企画、再開し、このような中でも支援が広げられるよう進めてまいりたいと思います。

なお、家族支援事業部、さなぎの会ではおかげさまで柏市社会福祉協議会の協力を頂き改装後の柏市教育福祉会館での定期開催が認められることになりました。詳細については別途報告させて頂きます。

さなぎの会の主旨・過去の内容ついては、キャリアデザイン研究所HPのFAQ、過去の報告をご覧ください。

お問い合わせ、入会・参加の申し込みは、キャリアデザイン研究所までお願いいたします。

2021-01-31 | Posted in | Comments Closed 

 

開催延期のお知らせ〔さなぎの会 令和3年1月〕

2021-01-05 | Posted in | Comments Closed 

 

【CDI会員向け】2020年12月例会の模様を会員専用ページに掲載いたしまし た。

閲覧方法等詳細は12/27付のグループメールをご覧ください

2021-01-05 | Posted in | Comments Closed 

 

令和2年12月度 家族支援の会「さなぎの会」報告と令和3年1月度の予定

 年の瀬、新型コロナの感染増加の動向が気になる中ではありますが、先月に引き続き感染予防のため、手指の消毒、部屋の換気、席の間隔、パーテーション、開催時間に留意して開催されました。なお、今年度より遠隔参加システムの導入を図ってまいりましたが、今月は正式に遠隔会議機材が加わり、会場と在宅をつなぐ方式で行われました。今回は「会場で参加したいけれど体調を鑑みて今回は在宅で参加します」と在宅で参加されたご家族もあり、コロナだけでなく、体調や天候等で会場にお越しになれなくても、在宅で参加ができる環境が整えられつつあると考えております。

冒頭では、遠隔方式の導入について、インターネットやSNSによるコミュニケーションが更に一般的なっていく社会の中で、若者もご家族もまたさなぎの会としても対応していくことが今後に有用ではないかといったお話をさせて頂き、その後、スタッフの紹介さらに、それぞれのご家族、ご子息の状況などお話を伺いました。ご報告の中では職業訓練を経てIT関係の仕事に就き、コロナの関係で主に在宅勤務をしていらっしゃるといった報告もあり、在宅勤務のご子息を見守るご家族の思い、在宅勤務ならではのとまどいなど正直にお話頂きました。その中で、通勤列車で出勤に移動する働き方だけではないことなど、これからの働き方について皆で考える場面がありました。またメルカリを使って在宅で販売を始めることもできるなど、SNSやコンピューターに対するご子息の考え方や活用の有無などの話にもなり、上手に使いこなす、いろいろ教えてくれるといった方から、インターネットの危険性について心配されているといった話など両面についての話がありました。今回は会場の通信環境もあり、途中、通信が途切れる場面や音声が不安定な場面が多々ありましたが、今後、会場や通信環境を整えてより身近に参加できるようにしたいと考えています。


来年1月、開催は第3週土曜日16日 13:40~15:40 を予定しております。会場は柏市勤労会館2階会議室にて遠隔での同時開催をしていますが、秋以降新型コロナウイルスの感染も拡大傾向にあり、その状況を鑑みて会場での開催については年明けに判断し、HPにてご案内をする予定です。

さなぎの会の主旨・過去の内容ついては、キャリアデザイン研究所HPのFAQ、過去の報告をご覧ください。

お問い合わせ、入会・参加の申し込みは、キャリアデザイン研究所までお願いいたします。

2020-12-29 | Posted in | Comments Closed 

 

令和2年11月度 家族支援の会「さなぎの会」報告と12月予定

 新型コロナウイルス感染予防のため、手指の消毒、部屋の換気、席の間隔、パーテーション、開催時間に留意して開催されました。
ボランティアを含めたスタッフの紹介とコロナ対策を踏まえた遠隔会議方式の状況と予定についてご案内させて頂いた後、参加ご家族よりひと家族ずつ近況報告等お話頂きました。コロナを機に寧ろ気持ちが落ち付き、本を読み始めたり、仕事を始めたりしているといった報告、目標をもって努力してはいるようだが、もどかしいといった報告、仕事は続けているが心配、パソコンの不具合がきっかけで不安定になっているようだとのご心配、就労移行支援を経てステップアップを図りたいが無理をすると続かないといった報告等々、それぞれのご家族からご本人の様子や親御さんの心配事が語られました。

その中で、本人のペースを大切にすること、親が焦らないようにすることが大切といった相互の意見交換が活発に行われました。なお、意見交換の中では発達障害についての情報交換もあり、正常、異常と明確に区切れるものではなく、人によってその程度は様々であること(自閉症スペクトラム)、得手不得手は様々であること、一度に複数のことを行うのが苦手なケースがあること、その他困りごとの有無や程度によって医療機関の診断や支援制度を活用をしていくことの有用性について確認しました。


次回12月は第3土曜日の12月19日(土)会場は、会場は11月同様引続き感染予防措置を取りつつ柏市勤労保健センター2階会議室にて、また家族会員の遠隔参加と併用で開催の予定です。来場の際はマスク着用で参加頂くようにお願い致します。

なお、状況を鑑みて会場での開催を中止させて頂く場合があります。その際はHP上でお知らせをさせて頂きます。

さなぎの会の主旨・過去の内容ついては、キャリアデザイン研究所HPのFAQ、過去の報告をご覧ください。

お問い合わせ、入会・参加の申し込みは、キャリアデザイン研究所までお願いいたします。

2020-12-04 | Posted in | Comments Closed 

 

【お知らせ】斎藤環先生の9月16日講演 動画を配信します。

2020-11-11 | Posted in | Comments Closed